1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 新世薬品のとりくみ

新世薬品のとりくみ

未来の医療を見つめ、人にやさしい薬局として、地域医療に貢献する

 

高齢化社会を目の前にした今、薬歴管理、服薬指導、在宅訪問(薬剤管理指導)などを特に充実させ、医療人としての公共性や倫理性を重んじながら、患者さま一人ひとりに対して最高の医療サービスと医療情報を提供すること。

地域医療支援型薬局として、未来へと続いていく命を私たち一人ひとりの力で守ってあげたい。
だから、患者さま一人ひとりの健康を一緒に考えていきたい。

一人の患者さまの喜びのために、誠実を尽くし、一人の患者さまの生活を守るため、利害を忘れて行動する。

人間としての美しさを常に持ち続けること。
それを日々の業務に取り込むことで、一人でも多くの患者さまのお役に立てるように努めています。

目標に向かう3つの思い

患者さまへの思い

患者さまへの奉仕の心を最優先に考え、すべての企業活動に取り組んでいきます。
患者さまに頼られる薬局・薬剤師、スタッフになること。
一人ひとりの患者さまの満足や喜びが、私たちを社会人としても、企業としても成長させてくださるものだと考えます。
患者様の薬歴を記載する「おくすり手帳」

おくすり手帳

新世薬品では、患者様におくすり手帳をお渡ししております。
おくすり手帳は各医療機関で処方された薬の種類や量を整理して記入して行くことで、医師や薬剤師に各患者様の薬歴を知らせることができる大切な手帳です。来局の際は、必ずご持参ください。

有効で安全な薬物療法ができる「電子薬歴」

電子薬歴

新世薬品では、電子薬歴を導入し、患者さまの個人データ(アレルギー歴や副作用歴併用薬など)をデータ管理し、有効で安全な薬物療法ができる様にしております。
今後は、全店導入を目指しております。

社会への思い

私たちのビジネスは地域のドクターをフォローし、患者さまの健康を、ひいては、地域住民すべての健康を守ることに他なりません。ひとりひとりの力を十分に発揮し、喜んで業務に取り組むことが、地域社会へ貢献していくことになります。
地域貢献を軸にさらに広い視野で<br />支援の輪を広げていく

車イス20台を寄贈

私たち新世薬品では、ユニセフ、日本赤十字社、国境なき医師団を通じての支援、また、会社設立20周年記念事業として地域の社会福祉連合会に、車イス20台を寄贈させていただきました。
今後この活動がもっと広がる様、努力を重ねてまいります。

少子高齢化社会に備え<br />新しい医療環境の構築に取り組む

複合型テナントビル

私たちは、これから確実に訪れる少子高齢化社会に柔軟に適応していくための取組みの一つとして、同じ施設内で病院、薬局、託児所、シルバーマンションなど、互いの機能を連携することで、利用する方に、より質の高いサービスが提供できる複合型テナントビルを開設しました。

3 社員の心構え

職場風景

どんなときでも常に十分な能力を発揮するのがプロフェッショナルです。対応する一人一人の患者さまに満足していただけるよう、患者さまが納得する説明、患者さまに喜ばれる接遇を目指します。
患者さまの満足や喜び、質問・クレーム等は、私たち一人一人を真のプロフェッショナルへと導いてくれる良きアドバイスであり、道しるべとなることを十分に理解することが大切です。